幼児期から始める英語教育で大切にしたいポイントって?

>

夢中になれるからこそ考えたい感覚と環境

大事なのは幼児期以降に続けられる環境

最近大人が半年から数年間、語学勉強のために留学するという話を聞きます。
現地で英語漬けの生活を送れば、日本語が通じにくい環境ですから自然に英語力が身につきます。
費用はかかりますが、住む環境のすべてが教材になるので効果が高いと言えるでしょう。
家族で移住する余裕があれば良いのですが、大人の事情があります。
半年ほど留学していた人に英会話の効果を聞いたことがありました。
確かに日本へ戻ってきた当初は英語が浮かぶ頭でしたが、時間が経つと英会話の勉強を続けない限りどんどん忘れてしまったそうです。
挨拶程度の英会話を勉強し、海外へボイストレーニングに行っていた友人がいます。
歌を通じて知り合った海外の友人が多く、今でも交流があるおかげで日常会話程度なら問題ないと聞きました。
大事なのは英語の教材に触れたあとの環境だと思います。
遊びや興味から入り、英語の勉強が続けられる環境を用意することが親の役割かもしれません。

幼児期の英語教育は言葉より感覚

日本人がどうして英語で話すのが苦手なのか、専門家が解説している記事を見かけます。
頭の中で一度、英語に変換するから直感で話せないとか、ほかにもいくつか理由が書かれていました。
日本語と英語の文章の構成が違うのと、日本語の微妙な言い回しが英語になると表現の幅が広すぎて単語を覚えられないのが、私が英語が苦手だと思う最大の原因でした。
幼児期の英語はそこまで深く入り込まずに、英語の感覚を体で覚えるものが多いようです。
大人になると苦手意識が働いて感覚がつかめず、難しく考えすぎるのでしょう。
幼児期の英語教育では子どもたちと一緒に英語の感覚を楽しむ、そして就学後はさらに伸ばせる環境を大事にするということを覚えておきたいと思います。
どの教育についても同じ事が言えますが、先回りして与えすぎると、子どもの好奇心や向上心を育む力を萎えさせてしまうという事実を忘れないようにしたいです。


この記事をシェアする

TOPへ戻る