幼児期から始める英語教育で大切にしたいポイントって?

>

幼児期の英語教育は効果的?教えてほしい本当のところ

幼児期の英語教育は内容とバランスが大切

幼児期の教育は、遊びの中で学べるようにすると入りやすい。
私たち大人は、何かを学ぼうとするとき「勉強」という枠に収めてしまいがちです。
大人でも勉強だと構えてしまえば知識として入りにくいように、映画のように英語が楽しめる要素があるとそのフレーズを聴く度に思い出すことができるのです。
幼児期の英語教育も同じで、英語を学ぶというよりは歌やアニメ等で楽しみながら関連性をもたせる方法だと、自然に英語に親しめるようになります。
教材は数がありますが、たくさん英語の教材を与えれば良いというわけではありません。
とあるお母さんは、子どものためを思って幼児期から教材を使い、詰め込むように勉強をさせました。
子どもはスポンジのように知識を吸収し限度を超えたとき、体の成長のバランスを失って精神的な部分に影響が出てしまいました。
一例に過ぎませんが子どもの成長に合わせた教材を選び、無理のない短時間から始めましょう。

親は英語が苦手でも子は育つ?

英語教育に限らずですが、親が何かの専門知識をもっていると子どもは逆にその分野に弱くなる?気がします。
(それでも親の職業を代々継ぐような立派な方々もいます)
親が子どもの能力を阻んでいるのではなくて、子どもが興味をもち覚えられるかもしれない機会を与えていないだけの話です。
悪く言えば、子どもに対して先回りし世話を焼きすぎるのです。
英語は自慢ではないが大の苦手!ヒアリングは良かったけど、文法だ現在進行形だと言われるともうお手上げです。
おそらく英語が苦手な親は、子どもには英語の授業で苦労させたくないという気持ちが共通認識としてあると思うのですがいかがでしょう?
単語なら何とか分かる!それで充分だということです。
お子さんが覚え立ての英語を話してきたら、思いっきり褒めてあげると良いのだとか。
ここはぜひ、お子さんに教えてもらいましょう。
はい、これなら私にもできそうです!


この記事をシェアする

TOPへ戻る