英語教育は幼児期から始めると良いって本当?

幼児期から始める英語教育で大切にしたいポイントって?

幼児期の英語教育は効果的?教えてほしい本当のところ

英語に慣れるには早めのほうが効果が高いとうたっている教材や教室を見かけます。 日本語とは何かを覚えようとしている幼児期に、英語に触れさせる。 親が英語が苦手でも子どもは大丈夫?日本語もきちんと話せない頃から英語って、どうなの? 子どもの成長と教育のバランスが崩れたときにどんなことが起こるのでしょうか。

幼児期の英語教育は内容とバランスが決め手

子どもの将来のための教育と題して、0歳からの英語教育の教材や教室など選択肢がたくさんあります。
近所では園の生活全般が英語でやり取りされている幼稚園があると聞いて、漠然と他人事のように英才教育だなあと思っていました。
人気がある幼稚園で、定員を増やすために近年増築したと聞きました。
それだけ幼児期の英語教育に関心が高いと言えるでしょう。
さて、幼児期からの英語教育については(英語に関係なく幼児期の教育にはいろんな意見があります)賛否両論ですが、隣近所のみなさんの考えが知りたいところです。
英会話を習っている子でビックリしたのは、ネイティブイングリッシュだったこと。
発音凄いね!と思わず心の中で叫んでいました。
英語教育を受けると自然に英語が話せるようになる、身に付く。
それはわかります、生活の中で英語のシャワーを常に浴びていますから。
では、日本語はどうでしょうか。
口達者のお子さんなら、お話上手かもしれない。
私自身、いい歳の大人ですが日本語に自信がありません。
日ごろ子どもに言葉遣いが悪い!と注意するものの、大きなことは言えないのです。
どちらかというと英語より先に日本語の勉強だろ!と突っ込みたくなる性分です。
幼児期は何もかもが発展途上だからこそ、英語教育を施すべきなのか?小さい頃から英語を第二の母国語としてリスニング力を鍛えると良いのか?判断に迷うお父さん、お母さんがおられると思います。
幼児期の英語教育がどのように影響するのか?メリットやデメリットを織り交ぜつつ、お話を進めていきたいと思います。

押しつけない決めつけない急がない英語教育を

英語の教材を選ぶとき、お父さん、お母さん主導で選んでいませんか。 大人が気に入った教材も、子どもが見たときに気に入るかどうかは別問題です。 子どもの目線や感覚を侮るなかれ。 お子さんの性格やタイプを見分けるのは、両親の役目です。 興味や関心から、徐々にステップアップして上手な教材選びを心がけましょう。

夢中になれるからこそ考えたい感覚と環境

幼児期は英語の勉強というより、遊びの中で雰囲気に慣れるのがいいらしい。 お父さん、お母さんは常に一歩先の子どもの将来を考えています。 子どもに何をしてあげられるか?いろんな未来の選択肢を用意したい気持ちは共通です。 ポイントは環境、子どもの気持ちを第一に考えていきましょう。

TOPへ戻る